FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011
01.11

幾千億の星に誓う

Category: アニメ
「この愛を捧げて」は宇宙戦艦ヤマトにピッタリすぎる名曲だと思います!
・・・と言うわけで2年越しで実現した「宇宙戦艦ヤマト復活篇」の紹介です!
ネタバレ少し入りますのでご注意ください。

前回の実写版と比べるなら「これぞ宇宙戦艦ヤマト」ですね~。
歴代の作品と比べて突っ込み所はNO1ですが紛れもなくヤマトでした。
最終的に赤字だったのと、西崎監督が事故で亡くなられたことが残念でなりません。
続編は作ってると言うことなので期待して待ちたいと思います。

映像はアニメ的な雰囲気を残しつつのCG。
非常に綺麗になった反面ヤマトの重厚さが減ってしまったのはマイナスでしょうか。
それでも迫力もあるし何より綺麗なのでそれ程不満ではないですけど。
特に乱れる場面もなく非常に安定していて映像に関してはよかったと思います。
特にヤマトの発進シーンはあれだけでご飯三杯は行けますよっ(キリ

BGMは・・・駄目ですね。
前半は良いとして、後半が何故かクラシックのオンパレード。
恐らく新曲を作れる方がいなかったんでしょうけど、それなら全部旧作のリメイクで良かったかと(汗
あと主砲の発射音や航行時のSEが如何にもSFっぽくなりショボくなってしまいました(泣
あの音も好きなんですけど、有志が作ったBGMとSEを旧ヤマトにした物をみた後だと・・・。




動画貼っておきますね。
因みにオリジナルはこのSEとBGMではありませんので~。
ディレクターズカット版はこんな風にしてほしいな・・・。



因みに本当はこんな音です。
こっちも良いんですけどね~せめてヤマトは旧作にしてほしいです・・・。
ブルーノアさん格好いいです・・・。

正直ヤマトがアマールに到着するまではほぼ完璧な内容でした。
BGMも原作ので格好良く、戦闘シーンも迫力がありこれぞヤマト!という感じでした。
なのに後半からクラシック流用が始まりかなりしらける場面も多かったです。

シナリオに関しましては3部作の1作目なので何ともいえません。
一応終わりはした物の解決してない話とかたっぷりありますので。
ただ、後半余りにも急展開過ぎてご都合主義が入りまくってましたね~。
まあヤマトのご都合主義は初代から連綿と受け継がれた伝統なんですけど。

星間国家連合軍との決戦辺りで終わらせてその分濃密にやった方が良かったと思います。
SUS艦隊とか恐らく「ヤマトよ永遠に」の暗黒星団帝国の次に弱かったですし。

でもラストのヤマトが地球に静かに帰って行くところは良いですね~。
やっぱりヤマトは最後に地球に帰っていかないと!
そういう意味では私は「さらば」と「完結編」は大嫌いだったりします(ぇ

色々と不満点を書きましたが、ブルーレイを買うほど面白かったです。
不満も「こうすればもっと良かったのに!」と言う感じですしね。
何よりこれぞ「宇宙戦艦ヤマト」でした!!
「復活篇」と言う名前で内容も「完結編」からの続編となりますが
この作品から見ても全く問題ないので、ヤマトを知りたい方は是非見てください。
間違ってもヤマトを見るために実写版を見ないでくださいね!(ぇ

では最後にこの作品のテーマで締めたいと思います。


「生き残るべきはヤマトではない!地球だ!!」


トラックバックURL
http://towahibi.blog85.fc2.com/tb.php/693-34983df5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。