FC2ブログ
--
--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008
09.24

二章-安らぎ-

Category: SS
「・・・記憶喪失?」

滅多に聞くことがない言葉につい聞き返してしまった。

「はい。恐らく精神的な負荷が原因かと・・・」
「自分のことや何があったのか・・・殆ど思い出せないそうです」
「唯一自分の名前だけは覚えてるのですが」

そう話すのはメディカルセンターの看護士。
怪我の治療のほか精神的なケアも受け持ちハンターズからの信頼は絶大だ。
しかし、そんな彼女も今回ばかりは表情が曇っていた。

「申し訳ありません・・・。私たちではどうしようも・・・」

彼女に責任なんてある訳が無い。
むしろ・・・もっと早く救助に来れなかった自分の責任。
もう少し早く駆けつけることが出来ればセリスの母親が死ぬ事はなかったかもしれない。
自分の不甲斐なさが情けなかった。

「あの・・・御自分を責めないでください。貴方がいなければあの娘も助からなかったのですから・・・」

「・・・ありがとうございます」

彼女の言うとおりだ。
何時までも悔やんでいても仕方がない。

「あの娘・・・セリスの記憶はどうすれば戻るんでしょうか?」

「恐らく母親が目の前で殺された事が原因でしょうから・・・」
「彼女の心がもう思い出したくないって忘れたいって記憶に鍵をかけてしまったんでしょう」

無理もない。
9歳の女の子が突然目の前で自分の母親を殺されて平気な訳がない。
自分だってあの時の光景は忘れたい・・・無かった事にしたい。

「・・・事実を伝えない方が幸せなんでしょうか」

「今は避けた方がいいと思います。彼女も記憶をなくして動揺してますし・・・」
「でも、大切な記憶を失ったまま生き続けるのは悲しいと思います」

「分かりました。この事を打ち明けるかは・・・今後決めたいと思います」

「はい、また何かあったら何時でもきてください」
「あ・・・それと」

会話を終え、今まさに歩き始めようとした矢先に止められる。
既に後ろを向いていたのでくるりと回転。


「何か?」

「事件のせいかもしれませんが、少し男性に対して恐怖感を抱いているので注意してください」
「ちょっとした事でパニックになるかも知れませんから」

・・・それは自分が行く事自体不味い気もするけど。
会わない訳にもいかないので、気をつけることにしよう。

「はい分かりました」

看護士に別れを告げるとセリスがいる病室へと向かう。
部屋を向かう間際・・・あの人・・・リーダーと出会った。

「あ、イル君。君もセリスちゃんのとこかな?」

「ええ・・・そうですけど、リーダーも?」

「うん。ちょいと挨拶してきたよ~。リーダーとして♪」

「リーダーとして?」

何か嫌な予感がするのは気のせいですか。

「うん。だってこれから仲間になる娘だから。リーダーが挨拶するのは当然でしょ?」

「・・・・・・は?」

今なんと言った?
誰が?何の?仲間になるって??

「だから~。これからセリスちゃんは私たちのチームの仲間になるの!」

「はあ!?」

前々から突拍子もないことを言う人だというのは重々承知している。
そして一度言い出したら押し通す人であることも知っている。
だが・・・。

「あの娘はあんなに幼いんですよ!?それに戦い方も知らない民間人なのにどうして!」
「第一記憶を失ってて本人も動揺してるこんな時に・・・!」

「別に戦うだけがハンターズじゃないでしょ?危なかったら私たちが守ればいいんだし☆」

「ですが・・・そんな急に・・・」

「イル君!!」

急に大声で怒鳴られて思わず固まってしまう。
怒鳴ったリーダーの顔は険しい顔つきだった。

「イル君はセリスちゃんのお母さんから全て託されたんでしょ?」

直前まで怒鳴り声だった声のトーンが下がり表情もすぐに柔らかいものとなる。
リーダーの・・・この顔は冗談なんて欠片も無い時の顔。
こうなったら自分はただ聞いてるしかない。

「君がハンターズである以上、セリスちゃんとは一緒にはいられない」

・・・確かに。
ハンターズは危険な任務が多いため極力一般人との交流を避けなければならない。
ましてや子供と一緒に行動するなんて許可が出るわけもない。

「だから・・・形式だけでもハンターズライセンスを取ったの」
「そうすれば一緒にいてあげられるでしょ?」

実のところハンターズには年齢、性別、種族の制限などは一切ない。
来る者も去る者も自由なところ。故に子供であってもライセンスを取ることは容易だ。
何故か月額でライセンス料を搾取されるけど。

「一緒にいてあげなさい。あの娘にはもう貴方しかいないんだから」

真っ直ぐと自分を捉える瞳。その瞳に抗う術も、意味もない。

「・・・はい」

「うん、良いお返事♪」

あっという間に何時もの顔に戻る。この豹変っぷりには感心する。
もっとも普段の豹変は大抵損害をこうむる訳だが・・・。

「それじゃ、私は行くから。セリスちゃんによろしくね」

「はい、それでは失礼します」

まあ、今回はそんな事はなかった・・・

「ああ、そうそう、セリスちゃん退院したらイル君のお部屋で暮らしてもらうからねぇ~!」

もとい、あった。

「・・・そういう事は先に言っておいてください~!!」

別れ際の一言にとんでもない事を言い残していく辺り流石はリーダーだ・・・。
嫌じゃないけど・・・女の子と二人で暮らすなんて初体験なんですが。

ああ、女の子が来てもいいように掃除しなきゃ・・・。
その前にベッドをもう一つに生活用品も揃えなきゃ・・・。
そもそも女の子ってどういう生活してるんだろ?
ぬいぐるみとか可愛い物を揃えなきゃならないんだろうか?

そんな事を考えつつセリスが入院してる個室へと向かう。

「・・・ここか」

こんこんとドアを叩く。部屋の中から少し慌てたような女の子の声がする。

「・・・!ど、どうぞ」

「どうぞ」と言う割にはあんまり落ち着いていないような気もするが・・・。
しかし言われたのに入らないわけには行かないので素直に入る。

「あ・・・」

ベッドにちょこんと座った少女の瞳がまっすぐに自分を見つめる。
その瞳はどこか虚ろで儚げで。

「初めまして、セリスさん・・・と言った方が良いかな?ハンターズのイルです。以後お見知りおきを」

「・・・イル様?先程の女性から聞きました。私を助けてくれたって・・・」

自分の正体を知ってセリスは少し落ちついた様子だった。

「ああ、もう聞いてるんだね。調子はどうかな?」

「は、はい。大丈夫です。そ、それよりも助けていただき本当にありがとうございました」

落ち着いたかと思えばすぐに慌てる、緊張と恥ずかしさと色々な感情が入り混じった声で
精一杯の感謝の気持ちを伝えてくる。

「気にしなくて良いよ。ハンターズとして当然の事をしたまでだしね」

また少し落ち着く。
見ていて中々面白い・・・と思ったら失礼だろうな。

「えっと・・・イル様、よろしければお聞きしたい事があるんですけど・・・」

と、そんな事を考えていたら何時の間にか真剣な表情になったセリスが問いかける。

「ん、何?」

「あの・・・私は森で倒れてたんですよね?」
「私何も覚えてなくて・・・イル様は何か知っている事とかありますか・・・?」

「・・・・・・」

いきなり直球・・・か。
自分だって彼女の状況に置かれたらこう問い掛けるだろうけど。

「看護士の方や先程来た女性の方にも聞いたんですけど、わからないって」
「でも、私・・・何もわからなくて・・・それが怖いんです」

俯いて小刻みに震えて。
自分の事が何も分からないと言う恐怖は自分には計り知れない。

「君は盗賊に襲われてて、ちょうどその時に僕が通りかかったんだよ」

セリスの訴えに対して真実を告げる。

「幸いすぐに撃退できたんだけど、怖かったんだろうね、君はすぐに気を失ったんだよ」

彼女にとって一番重要な点を除いて。

「・・・それだけ、ですか?」

悲しげな瞳を自分に向ける。

「・・・うん、僕が見たのはそれだけだよ」

本当はすぐにでも教えてあげたい。
君に何があったのか。君の母親が最後に残した言葉を、君に向けた笑顔を思い出して欲しい。

でも、それは出来ない。
今の君はきっと受け入れられない、受け入れ難い事実だろうから。
そんな儚げで今にも消えてしまいそうな君には教える事が出来ない。

「そう、なんだ・・・」
「・・・私って捨てられちゃったのかな?」

「な!」

想像してなかった言葉に思わず声を上げる。
何で・・・どうして?

「だって!それならどうして森に一人でいたんですか!?」
「どうして誰も迎えに来てくれないんですか!?」
「私はここにいるのに!!」
「きっと・・・私の家族なんて皆私のこと嫌いなんだ・・・!!」

誰が・・・誰が捨てるって?
そんな事ない、絶対に!!

「違うっ!!!!」

「ひうっ!?」

気がつけばセリスの両肩を掴んで怒鳴っていた。

「そんな・・・捨てられたとか嫌われた何て軽々しく言うなっ!!」
「何も判らないのに・・・そんな事二度と言うな!!!」

「ご、ごめんなさい!ごめんなさい!!」

酷く震え涙を流して謝罪するセリスを見て漸く自分のやってる事に気がついた。

「・・・あ!ご、ごめん、そんなつもりじゃ・・・」

慌てて両手を離し離れる。
あれ程注意されてたのに・・・。

「い、いえ、いいんです、わ、私が悪いんだから・・・」

怯えを隠せない声色で言葉を紡ぐ。
それっきり黙りきってしまう。

違う・・・違うんだ、君を怒鳴りたかったんじゃない。
自分が言いたかったのは・・・。

「・・・・・・そんな事無いよ」

「え・・・」

自分の発した言葉に不思議そうな顔をするセリス。
そう・・・違うんだ。

「君のご家族はそんな人たちじゃないよ・・・きっと」

きっとなんかじゃない。
君の母親は誰よりも君を愛していて、誰よりも君の幸せを願ってた。

「・・・どうして、わかるんですか?」

「・・・君を見てれば分かるよ」

でも、やっぱり今の君のは言えそうも無い。

「私を・・・?」

「嫌われてたなら、捨てられてたなら、そんなに可愛い女の子になってないよ」

だから嘘を言う。

「愛されてたから、大切にされてたから君は綺麗で、可愛いくて素敵な娘になれたんだよ」

ありきたりで馬鹿みたいな嘘を。

「今でも君の事を心から想っているはずさ」

「そう・・・なのかな」

「きっとそうだよ・・・だから今は元気になる事だけ考えよう?」

「・・・はい」

少しだけ、ほんの少しだけ笑顔を見せてくれた。
こんな安っぽい嘘でも信じてくれる純粋なセリス。

綺麗で、可愛くて、優しくて、健気で、儚げで。
頼まれたからじゃないけど・・・誰よりも幸せになって欲しい。
だからあんな悲しい事を言わないでほしい。
だからあんな悲しい顔をしないでほしい。
君は誰よりも愛されて、誰よりも幸せを願ってもらっているんだから。

「・・・そうだ、君に言っておかないといけない事があったんだっけ」

あの約束が守れるか分からないけど。

「・・・?何ですか?」

その手助けが出来るなら僕はそばにいよう。

「君が・・・セリスが退院したら僕の部屋で暮らす事になってるんだけど・・・」

君がとびっきりの笑顔を見せてくれるまで。
誰よりも幸せになるまで。

「え・・・」

そして何時か本当の事を言おう。
君の大切な人が君に何を残していったのかを。

「・・・嫌かな?」
「勿論リーダーが勝手に決めた事みたいだから、今なら変えられると思うよ」

その時君は何て言うだろう。
怒るだろうか、悲しむだろうか。

「・・・いえ、それで構いません」

例え嫌われても構わない。
例え僕のそばからいなくなっても構わない。

「えと・・・私イル様と一緒の方がいい・・・です」

「・・・ありがとう」

それで君が幸せになれるのなら。

「大丈夫だよ、もう両肩掴む何て事はしないから」

「・・・本当ですか?」

「あれ、信用まるでなし?」

「ふふ・・・だってまだ今日お話したばっかりですから」

「それじゃ、信頼を得られるように頑張るかな?」

「はい、頑張ってくださいね?」

その笑顔が何時までも消えないように。

「それじゃ、これからよろしくね?セリス」

「・・・はい!よろしくおねがいします!」

今日からは僕が君の家族になるから。


まずは前作から一年以上音沙汰なしだった事をお詫びいたします。
期待されていた皆様本当に申し訳ございませんでした。

書き上げて思う事はやはり難しいと言う事。
どこを修正するか、もう少し説明を多く入れるか、話が急展開じゃないか等煮詰まる要素は沢山。
でも考えても考えてもこれ以上のクオリティが出せないと思った結果がこの二章です。
ちょっとだけでも暇つぶしになれば幸いです。

さて、二章の内容ですが一章と同じくダーク系を期待されてた方は申し訳ございません。
私はハッピーエンド好きなので途中までダークはあっても最後はハッピーなので。
まあ二章はハッピーと言うか感動系というか・・・厨系?(何

前回に残り1,2話の予定と書きましたが・・・ごめん、無理(マテ
おそらくあと2~3話くらいは続く予定。

次回・・・三章はもっと速いペースでお届けできるよう心がけます。
三章はギャグとシリアスが入り混じった感じかも?
新キャラ・・・まあ皆さんご存知の「彼女」が登場する予定です。
期待されてる方がいるのかいないのか・・・いらっしゃったら今しばらくお待ちくださいませ。
トラックバックURL
http://towahibi.blog85.fc2.com/tb.php/418-4db2bcf5
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。