FC2ブログ
2006
12.12

男たちの大和/YAMATO(10点)

Category: 映画
事前に何の情報も持たないままCMでこの映画を知り観に行きました。
当初は名前ぐらいしか知らなかった戦艦大和を見れる!と思って気楽に行ったのですが・・・。

最初に大和が正面から此方に向かってくる映像があるのですが、凄い迫力ありましたね。
そこで壮大でありながら悲壮なBGMが流れてて、凄く印象的でした。
BGMと大和のイメージが見事に調和していて惹きつけられるシーンでしたね。
話の内容自体は大和の艦内での生活の様子と戦闘シーンがほとんどですね。
政治的な話は殆ど無く大和のみをクローズアップしていました。

一番の見所である戦闘シーンですが・・・あまりにもリアルで残酷で見るのが耐え辛かったです。
血塗れになる人や即死する人が沢山いる中それでも戦い続ける姿は見ていられないほどでした。
戦闘前には家族と面会するシーンやそれぞれの覚悟等を見ているので、余計に辛かったです。
2度と帰って来る事が出来ないと知りながら戦場に行くと言うのはどんな気持ちだったんでしょう。
戦闘シーンのときは恥ずかしながらずっと涙が流れていましたね。
戦闘シーンのみで泣いたと言うのは初めての経験でした。
そしてこの戦闘が実際にあったと思うと凄く悲しい気持になりますね。

あと戦闘シーン等に実際の映像を使用していたと言うのも良かったと思います。
白黒で見辛い物が多かったですけど貴重な映像が見れた良かったです。

総評として自分が見た映画の中では現時点で1番面白かった映画でしたね。
これほどリアルで迫力のある映画は初めて見ました。
とても悲しい映画ですけど沢山の方、特に戦争を知らない方にはぜひ見てほしいと思いました。
トラックバックURL
http://towahibi.blog85.fc2.com/tb.php/13-448f819e
トラックバック
コメント
管理者にだけ表示を許可する
 
back-to-top